ホーム>子犬情報>ブルドッグ

ブルドッグ

【ブルドッグが大好き】

黒く大きな瞳、つぶれた感じの鼻がなんとも愛らしい。
艶のある短い被毛、主体カラーの黒とホワイト・マーキングの組み合わせで一見タキシードを着たかわいい紳士を連想させるような容姿が魅力のブルドッグ。
その容姿はもちろんのこと、落ち着いた、賢い性格が飼いやすいと評判なのでしょう。
人気のブルドッグですが、まだブリーダーは少なく購入の際には、信頼のおけるブリーダーから入手するのが一番です。
安心して、元気で可愛いボストンテリアの子犬と出会っていただくために、私もしっかりと愛情をこめて育てています。
一人でも多くの方にブルドッグの魅力が伝わる努力をさせていただきます。
また、近くの方にはぜひ一度犬舎に足を運んでいただけたらと思っています。
写真では伝えきれない、ブルドッグの魅力にたくさん気がつき、
ブルドッグの輪が広がってくれるとうれしく思います。

BULLDON’S 西村 潤子

 

フレンチブルドッグってこんな子です


外観と特徴

しかめっ面が愛らしいどっしりとした外貌
全体的に肉づきがよくがっしりした体格のブルドッグは、肩幅が広く、重心が低くどっしりとした外貌が特徴的です。こういった安定感のある体格は、もともと大きな動物と闘うために重要視されたものでした。
また、体の割に大きな頭部を持っていることでも知られています。頭部の周囲の長さを測ると、地面から肩までの高さと同じか、それよりも大きい犬がほとんどです。このような大きな頭部は頑丈な顎周りの筋肉を発達させることに大いに役立ちます。また、ガップリと獲物に食らいついたら、そのままの姿勢を保ったまま、鼻から呼吸することができるマズル(鼻口部)も特徴的です。
走る能力を求められなかったブルドッグは、どっしりとした四股を持ち、のびやかで、左右に体を揺らす独特の横揺れ歩きを見せます。


気質

しかめっ面とは裏腹におどけたところもある素直でおっとりした犬です
不機嫌そうなしかめっ面とは対照的にブルドッグは陽気で、おどけたところのある、愛想のよい素直でおっとりした犬です。自分が納得しないことには従わないという頑固な一面もありますが、飼い主を一生懸命喜ばせようとするけなげなところもあります。
子供と仲よくつきあうことができ、見知らぬ人にもある程度は友好的振る舞います。たまに、他の犬に対して攻撃的な態度をとることもありますが、他のペットに対してはそのようなこともなく、とてもうまくやっていける犬です。


飼育管理

活動的な犬種ですが、高温多湿の環境には注意が必要です
毎日外に出たくてウズウズしている活動的な犬種ですが、高温多湿の環境に弱いので、気温が高く湿気の多い季節には、ジョギングや、長時間の散歩はしないようにしましょう。
また、ほとんどのブルドッグは、高いところから飛び降りたり、泳いだりすることができないので注意が必要です。
多くのブルドッグは、ゼーゼーと苦しそうに息をしたり、いびきをかいたり、よだれをたらしたりするといった特徴を持っています。
被毛の最低限の手入れをしていれば問題はありませんが、顔と尻尾のしわの間をこまめに拭いてあげることが大切です。


健康

特に気をつけたい病気

股関節形成不全、乾性角結膜炎、鼻腔狭窄

気をつけたい病気

眼瞼内反症、眼瞼外反症、膝蓋骨脱臼

 

ページ上部へ